2017年のレディース春ファッションで、40代向けのトレンドは?


レディース春ファッションのトレンドは、毎年のように新しいものが出てくるけれど、40代ともなると、あれも、これも、取り入れていくわけにもいきませんよね

そこで、ここでは、2017年のレディース春服のトレンドの中から、大人の女性に似合う流行だけに注目しつつ、かつ、ベーシックにプラスアルファで取り入れやすいものだけをピックアップしてみました。

コットン、シルクなど素材の良さを楽しむ服



上質な素材や知性を感じさせるブルーを効果的に使う端正な装いは、シンプルだけど奥の深い落ち着きのあるアラフォーファッションになります。

コットンやシルクなどの上質素材でのワントーンは、シンプルコーデをブラッシュアップします。

ホワイトのワントーンコーデなら、1点だけブルーのバッグを差し色に効かせて、春服の鮮度をアップさせます。

オーバーサイズで、深めのネックラインのシルクブラウスに、オフホワイトのラップスカートを合わせて、ブルーに染めたクロコダイルのバッグで、大人のキレ味を加えます。

基本、辛口だけど、ディテールが華やか


いつものベーシック服やモードな服でしっくりこない時には、辛口エレガンスな服にトライしてみると気分が上がります。

ディテールを華やかにして、黒をベースにするとコンサバにならずに、カッコいいのに女らしい、40代の余裕が感じられる春コーデになります。

デコルテ部分にレースをほどこした黒ニットトップスに、レオパード柄のシルクシフォンのスカートをはくと、ヒョウ柄の迫力よりもエレガントさが際立ちます。

胸元のレースやスカートの裾のレースが、黒とアニマル柄の迫力をエレガンスに昇華します。

マニッシュにより過ぎない女らしいトラッド


今年の春ファッションのトラッドは、ジャケットやトレンチコートなど、メンズっぽいハンサムなアイテムがおすすめ。

シルエットや素材で女性らしいしなやかさや、優しさを表現します。

例えば、2017年の春夏シーズンの黒ジャケットは、ブルゾン感覚で羽織れて、しかも、ゴールドボタンのダブルブレストデザインになっているようなタイプを選ぶと、アメリカン・トラッドとは少し違う洗練されてお洒落な囲気を醸し出すことが出来ます。

黒ジャケットのボトムスには、白のワイドパンツを合わせるなど、きちんと感のあるジャケットをニュートラルに着るような着こなし方が新鮮です。

大人っぽいスポーツファッション


スポーツファッションでも、アラフォー世代に似合うようにしたい時には、シックな配色で、上質な素材や仕立ての服を選ぶのがおすすめです。

ベーシックな中にも、洗練された大人の女性の雰囲気を目指します。

例えば、春の白コーデにも使えるバニラトーンのシルクワンピースには、ゴールドスエードで、ちょっと光り物のブルゾンを羽織ります。

足もとは、革のスニーカーでスポーティに引き締めます。

ゴールドのアウターは、スエードのしっとりとした質感や、ボールチェーンをほどこしたストライプが上品なアクセント。

シルクのワンピースが清潔感を演出して、春の陽射しに映えるコーディネートです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。