アラフォー世代「何を着ていいかわからない」問題(レディース)


あんなに大好きだったカジュアル服を着ても素敵に見えなくなって来たり…。

体型の変化からか、以前は、似合っていた服が、似合わなくなって来たり…。

30代後半~40代前半のアラフォー世代は、まさに「おしゃれの曲がり角」という感じですよね。

だけど、実は、ちょっと選ぶ洋服や着こなし方を変えることで、おしゃれに見えるようになることもあるので、ここでは、アラフォーファッションの代表的な悩みと、その解決方法をまとめてみました。

シンプルなVネックの春ニットが似合わなくなって来た



シンプルニットは定番アイテムだからと思って、ずっと同じものを着ていると、体型の変化が現れてくる40代には似合わなくなってくることがあります。

解決するには、シンプルなベーシックアイテムほど、季節ごとに更新すること。

今年の春ファッションなら、身幅に程よくゆとりがあり、袖にもボリュームのあるデザインがおすすめです。

アラフォー世代のボディを、ゆったりと包み込むシルエットの春ニットに更新します。


お腹やお尻を隠して、オシャレに見せるには



アラフォーファッションで避けられないのが体型の変化ですね。

見せたくない部分をチュニック丈で隠して、スキニーパンツを穿く変わり映えのしないスタイルになりがちです。

お腹やお尻を隠して、オシャレに見せるには春のトレンドを取り入れること。

前後差のあるニットトップスでヒップの半分をカバーし、ぽっこりお腹はタックパンツでふんわりさせます。

タックパンツは裾にいくほど細いデザインなので、美脚効果も期待できます。

配色はネイビーと白の組み合わせで、メリハリを意識すればおしゃれ度もアップ。


パンツにスニーカーでも子どもっぽく見せたくない


スニーカーにカジュアル服を合わせないで、きちんと感のある服装にスニーカーをハズし役に使うのが大人のオシャレです。

パンツはきれいめストレートで、全身はモノトーンにコーディネートしてスニーカーを履きます。

センタープレスの黒パンツに、黒のシルクシャツを着てモード感のあるオールブラックスタイルにします。足もとは白スニーカーにして、大人の女性のカジュアルスタイル。


パーカーを着ても、おばさんくさい着こなしにならないように出来る?


パーカを大人に着こなすには、足もとがポイントになります。

パーカをコーデに取り入れる時には、ヒール靴を履いてカジュアルにまとめすぎないようにします。

オーソドックスなグレーのパーカなら、グレーのパンプスを合わせて、ベージュのプリーツスカートでフェミニンな雰囲気を加えることで、抜け感のある着こなしになります。


チェック柄シャツでも若作りしてるように思われないためには?


チェックシャツは洗いざらしをラフに着るという、アラフォーファッションの固定観念をはずして、レディース春コーデを考えます。

若作りしている感を出さないためには、体に付かず離れずの柔らかい素材のシャツを選んで、女らしさを強調します。

バングルやピアスなどのアクセサリーもつけて、女っぷりを向上させます。


ボーダシャツを着ると部屋着のようになってしまう…


ボーダートップスを着る時には、ボトムにタイトスカートを選んで、体の線をだすようにします。

ゆるく着ないで、女っぽい着こなしを意識。

タイトめなホワイトデニムのスカートでフェミニン度をアップさせ、甘辛のバランスがちょうどいい、モノトーンコーデに仕上げます。

足もとはポインテッドパンプスにして、サングラスなどの旬小物を盛ると、大人っぽくセンスアップします。


シャツを前だけインして、おしゃれな春コーデに見せたい


きれいな立体フォルムを目指すなら、前後差があってハリ感のあるオーバーシャツを選びます。

おしゃれ見えするには、サイドが斜めになるように整えるのがポイントです。

まず、フロント部分の裾を全部インして、もたつきがないようにしっかりボトムの中に入れます。

おへその上あたりをボタンひとつ分くらいたるませて、後ろにいくにしたがって徐々に裾を外に出していきます。斜めの線を描くように、サイドラインを整えます。


アラフォー世代の向けのコスパブランドって?


注目のブランドは、KOE(コエ)。お仕事にも使えるトレンド服が豊富に揃います。

トレンドとベーシックのバランスが絶妙で、コスパブランドとは思えない高品質なアイテムが多いのが特徴です。

鉄板のUNIQLO(ユニクロ)やZARA(ザラ)のアイテムと上手に組み合わせて、オリジナルでおしゃれなアラフォーファッションを楽しめます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。