40代のレディース夏ファッションって、ボトムは何をはいたらいい?

その年、その年の流行りもあるし、40代のレディース夏ファッションって、意外に、ボトムに何をはいたらいいのか、悩みますよね。

膝丈スカートやショートパンツがトレンドだったとしても、あまりにも大胆過ぎるものは「痛い」と思われるかもしれないし。

そこで、オススメなのが、ふんわり広がるミモレ丈と、とろみ素材のパンツです。

ボトムを変えるだけで、ガラッと女っぷりが見違える場合もあるので、あなたに合う「ふんわりスカート」や「とろみパンツ」を探してみて下さいね。

ふんわりスカートの夏コーデへの取り入れ方のコツ


きちんと感と今年らしいトレンド感を両立できるのが、ミモレ丈のふんわりスカートの強みです。

タイトなボトムと合わせがちなロングシャツを、ふんわりしボリュームのあるジャカードスカートに合わせると、イメージが変わって新鮮に見えます。

シャツのウエストリボンと、足首が見えるくらいのスカートの丈感に、足もとに重さを持たせるチャンキーヒールで、通勤コーデに華やかさが加わります。

また、アコーディオンプリーツのミディ丈スカートなら、きちんと感マックスのジャケットも、かっちりしすぎず、40代にふさわしいフェミニンな印象に着こなせます。

さらに、ウエスト部分を中心に裾を広げると、ほぼ円形になるたっぷりと布を使ったサーキュラー・スカートでは、女らしいVネックのニットトップスを合わせます。

トレンドカラーのカーキ色のスカートを選ぶなら、黒のニットトップスに、足もとはメタリックのパンプスで。

辛口テイストが、大人なアラフォー世代にしっくりなじみます。


リネン素材のマーメードスカートの着回し方


腰まわりがすっきり見える、リネンのマーメイドスカートは、麻のこなれ感が着まわしの幅を拡げてくれます。

広がりすぎないシルエットなので、ロングアウターを重ねても、もたつかずにすっきりとしたスタイリングができます。

夏でも寒い時には、ロング丈の羽織りものをアウターとしてレイヤード。

白地にピンストライプのリネンスカートなら、白のニットトップスを合わせて、清涼感のあるワントーンコーデができます。

また、大人可愛い夏コーデにするなら、アクセサリーは、ターコイズのピアスにして、靴は、ラベンダー色のパンプスをはくなど、女性らしく柔らかな雰囲気を意識するのがおすすめです。


きれいめコーデ好きならとろみパンツ


しなやかな落ち感がきちんと見えする、はくだけで体型カバーもできるとろみパンツ。

忙しいアラフォー世代のきれいめコーデに使える万能パンツです。

コンサバになりがちな白のとろみパンツは、タック入りで足首が見える丈を選ぶと、今っぽさがでて、スタイルアップして見えます。

白のニットトップスと、ベージュの着丈長めな着流しジャケットを合わせて、モードっぽいテイストの「きれいめコーデ」になります。

とろみ素材のタックパンツは、立ったり座ったりの動作もしやすいので、一度はくと、その快適さにやみつきになる人も多い40代に人気のアイテム。

トップスインしやすく、はくだけでスタイルが良く見えるところも人気の理由です。

白じゃなく濃紺のとろみパンツでは、太めのストライプシャツに、黒カーデを肩がけして、重心を上にあげるようにすると、フラット靴でもバランスよく見える効果があります。

また、ベージュのとろみパンツは、女っぷりとおしゃれ感を同時にアップする、オンにもオフにも使えるアイテム。

トレンドのイエローカラーのノースリーブシャツをインして、高めのヒールでエレガントに決めましょう。


とろみパンツのおすすめブランド



★すっきりシルエットのHAUNT(ハウント)

センタープレス入りで、キリッとした印象のとろみパンツは、はくだけで体のラインがすっきり見えるシルエット。

トップスインしてもウエスト部分がもたつかず、前だけインのカジュアルコーデもきれいめな仕上がりです。


★大人シックなPaul Stuart(ポール・スチュアート)

タック入りで腰まわりに適度なゆとりがありながら、足首に向かって細くなるテーパードシルエットが美しいとろみパンツ。

上質素材だからだせるキレイなドレープが、単色のカーキにも表情をつけ、小柄な人でもバランス良くはけます。


★2タックがおしゃれなELIN(エリン)

たっぷりとしたドレープを生み出す、デザイン性のある2タックと、ブリックカラーがエレガントなボトムは、サイドファスナーで、お腹まわりがスッキリ見えます。

デイリーにはもちろん、レーシーなトップスと合わせて、パーティーコーデにも活躍します。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。