タイツとブーツがあれば、冬でもスカートスタイル!40代の冬コーデ

40代の冬のコーディネートで、今再び注目を浴びているのがスカートスタイル

確かにタイツとブーツがあれば、寒い冬でもおしゃれにスカートが楽しめますね

スカートからご無沙汰している40代女子って、多いと思います。

実は、私もそのひとりです。

なんと言っても、生脚は見せたくないし、ファッションのトレンドがパンツな気分だから、どうしても、スカートから疎遠になってしまいがちですよね。

だけど、ほんとはスカートもちょっとはきたい

でも、40代ってどんなスカートがいいのか、足元はどうすればいいのか?

その辺りも踏まえて、今回は、久しぶりにスカートをはく時に気をつけることや、最近、トレンドになってる着こなし方をまとめてみたいと思います。


パンツ派もスカート派もやっぱりスカートが好き


カジュアルスタイルがもてはやされている昨今、ボトムスはパンツ一辺倒になりがちですね。動きやすいし、コーデもしやすくて楽チンです。

スカートに苦手意識がある場合は、肌見せがイヤってこと多いですね。

ガウチョパンツや、ワイドパンツの流行が続くと、スカートスタイルのコーデを考えたりするのって億劫になりがちです。

でも、これからの季節には「タイツ」という強い味方やブーツ、今年はニーハイブーツもリバイバルしてますからスカートもラクにいける気がします。

パンツのテンションで、スカートとタイツを選んでブーツでモードに仕上げれば、完璧なスカートスタイルになりますね。


サテンやシフォンのアコーディオンプリーツスカートなら


キレイに着こなすと懐しい甘さが目立つシフォンプリーツは、休日デニムくらいのテンションで、カジュアルに装うのがポイントです。

やわらかい色合いのピンクベージュのプリーツに、キャメルのVネックニットを合わせて、茶系のタイツにスエードのショートブーツ。

質感の異なる紺の掛けあわせコーデも、知的なムードでお洒落です。スカートとタイツだけでなく、ラウンドネックのニットとコートもネイビーでまとめます。足元はポインテッドトゥの辛口ブーツで引き締めます。


ニット&ウールのタイトスカートなら


キャメルの膝下丈のタイトには、ミディ丈のブーツを合わせます。高ヒールとタイトの前スリットでスッキリした着こなしです。トップスはフィット感のあるネイビーのニット。

キャメルとネイビーの色合わせで今っぽいムードになります。

人気のニットタイトスカートには、ブーツ見えのスリッポン合わせが今っぽいスタイルです。

ネイビーのニットタイトには、マリンテイストのネイビーボーダーシャツにファー付きキャメルのダウンベスト。小物をフリンジバックでまとめてトレンド感をプラスします。

膝丈のコクーンスカートなら


オフィススタイルにおすすめは、白シャツ×黒のコクーンスカート×グレーのリブタイツ。

靴は、本革のショートブーツで40代にふさわしく本物志向にまとめます。

アウターには、グレーのチェスターコートがマスト。

白黒グレーの組み合わせは、無難になりがちなので、リブタイツがアクセントに役立ちます。

コクーンタイプでレースの膝上スカートには、黒を効かせて大人っぽく仕上げるようにします。

レーススカートは甘くなりがちなので、トレンドのボヘミアン調に振って今どきらしく履きこなすのが得策です。

総柄レースのキャメル色スカートに、黒のシンプルなニットを合わせて、バックベルト付きポインテットトゥのショートブーツ。仕上げはボヘミアンなハットで、40代の冬コーデの完成です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。