こなれ感のある冬ファッションのための着こなしのテクニック集!

ファッション誌によく登場する「こなれ感」。

なんとなく雰囲気はわかるものの、具体的にどうすれば「こなれ感」が出るのか?疑問ですよね。

「こなれ感」とは、頑張っておしゃれしてます感の反対で、本当にお洒落な人から自然とにじみ出るもの…っていうようなイメージのものです。

その域になんとか近づきたいという多くの女性の願いが、こなれ感をリスペクトしているのでしょうか。

今回は、大人の女性、40代にふさわしい「こなれ感」のある着こなしについて、考えてみました。

40代女性のための冬ファッション「こなれ感」のある着こなし


これからの季節、冬ファッションのメインはニットになっていきますね。

ニットをメインに「こなれ感」のある着こなしについてみてみたいと思います。

冬のニットは出番が多いからこそ、着まわしのきく定番もの、無難なデザインに手が伸びがちです。そんなシンプルなニットをどう着こなすか、こなれてみえる技をピックアップします。

Vネックニットには小さめスカーフ


流行色カーキのVネックニットに黒のスカートの組み合わせは、決まりすぎてストイックな印象になりがちです。

デコルテを派手なネックレスで盛るのは、もう時代遅れのテク。

今の気分は、人気復活中のスカーフ。三角に折って、Vネックのデコルテラインに巻くだけでOK。中心を少しだけずらすのがポイントです。

ニットの袖口と裾からシャツをチラ見せ


ニットから襟を出すのは定番ですが、あえて首元からは出さずに、袖口と裾からのみシャツを出すのがこなれ感なのです。

シャツは白シャツよりもダンガリーの方が、カジュアル度がアップします。

下からのぞくシャツの選び方で、こなれ感をコントロールします。

タートルネックには白シャツ


この冬も相変わらずタートルネックが、人気継続中です。

1枚で着るのに飽きたら、シャツをレイヤードして、今度は襟だけ出すテクニックです。

重いカラーになりがちな冬ファッションでは、白シャツちょっぴりのぞかせるだけで、顔まわりがパッと明るくなります。

ロングカーデをさらりと羽織る


最も旬なニットといえば、ロングカーディガン。コート代わりにもなるコーディガンが今季は大人気です。

こなれ感のある着こなしをするには、前ボタンは留めず、きっちり着ないのがお約束です。ベルトマークも必要なしの無造作感が、こなれ感を生み出します。

今季のマストニットは、肩の力を抜いてサラリと羽織ればOKです。

チェックシャツにタートルネックをレイヤード


体にフィットするタートルネックニットを、カジュアルシャツのインに着ると、フェミニンな表情がたちまちカジュアルをプッシュアップしてくれます。

チェックシャツに使ってある一色とリンクさせたタートルを選ぶのがポイントです。

首元と袖口からもさり気なくニットをのぞかせます。


とろみシャツにカーデを肩がけ


てろんとした素材の女らしいホワイトシャツに、薄手のニットカーデを肩がけにするスタイルには、こなれ感が漂います。

マニッシュなパンツルックに、カーディガンをアクセサリー代わりに使うのがオシャレのポイント。

グレーのワイドパンツに、ホワイトのとろみシャツ、グレーのカーデを肩がけにしてグレーグラデーションも効かせます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。