Aラインのワンピースでは意外に体型カバー出来ない…

春って言えば、ワンピースが着たくなる季節ですよね~。

体型が気になる人は、フワっとしたAラインのワンピースを選ぶことが多いと思うんですけど、この前、NHKの女神ビジュアルを見てたら、Aラインは意外に体型カバー出来ない…ってやってました。

女神ビジュアル 「楽だけじゃダメ! 春ワンピ攻略でキレイめ女子に」
女神ビジュアル

実際、ゲストの北陽の伊藤ちゃんも、太めの体を隠すのに、ふわっとしたワンピースを着ることが多いみたいだったんですけど、それだと却って丸みが強調されてしまってダメなようです。

だったら、どんなワンピースだと、体型カバー出来るのか?

番組に登場したスタイリストさんが選んだのは、Iラインで、ハイウエストに、配色で切り替えがあるワンピースでした。

Iラインって言えば、裾にかけて広がりがなく、ストンとした感じのワンピースですけど、ポイントは、配色による切り替えですよね~。

寒色系のバイカラーを選ぶことによって、体型が引き締まって見え、さらに、切り替えがお腹の上の方にあるので、足が長く見えるようになってました

さすが、プロの人は、錯覚を上手く利用するものだなぁ…なんて思いましたね~。

普通に考えると、太めの部分を隠すことばかりに意識がいってしまいますもんね

細く見えるコーデを考える時には、隠すって言うよりも、錯覚させる…ってことを、頭の片隅にいれておくといいかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。